読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深く息を吐く

自省用

耳鳴りとの出会いと別れ

息子を産んですぐの頃、「んぅおん…」っていう宇宙からの通信音みたいなのが聞こえるようになった。夫も聞こえてるかと思って、これ何の音かな?と聞いても「何も聞こえない」という。なんだろう。数日経ってまた聞こえる。「それって耳鳴りなんじゃないの?」と言われた。耳鳴り。これが耳鳴りか。

多分慣れない育児のせいだと思った。夜まとめて寝られてないからか…と思って積極的に昼寝をした。うるさくて眠れないくらいの時もあれば、まったく聞こえない時期もあったりと、症状に波があった。耳鳴りの原因はよくわかっていないようなので、あんまり気にしないようにしてた。しかし3〜4年経ち、息子の夜泣きもおさまり、まとまって寝られるようになっても耳鳴りはどんどんひどくなっていった。 

 

f:id:yamatonatu:20150208032641j:plain

photo credit: The inside of your ear via photopin (license)

 

その頃、看護師の友達に会う機会があった。耳鳴りの話をすると「そりゃーきっとストレスだわ!」と言われた。そしてこんな話をしてくれた。

『ある老夫婦のダンナさんが入退院を繰り返しててね、奥さんはずっと介護をしてたけど、ある時期から斜頸という病気にかかっちゃった(本人の意思とは関係なく首が不自然な姿勢となってしまう病気。原因はよくわかっていない。痙性斜頸 - Wikipedia。それでも奥さんは首が不自然な状態でダンナさんの介護を続けてた。そして長い闘病生活のあとダンナさんは亡くなった。その後しばらくして、事務手続きか何かで奥さんが病院にやってきてびっくり。奥さんの首がまっすぐになってたんだよ! おそらく、介護がものすごいストレスで、その原因が取り除かれたからスッキリ治ったんじゃないかな』(※あくまで彼女から聞いた話です)

 

耳鳴りを自覚して5年くらい経った頃、今度は耳が詰まったような感じがしてきた。エレベーターなどで高いところにいったときにツンとする感じが、片方だけずっと続く。耳をボコボコ刺激してみても治らない。プールサイドでやる片足ケンケンもダメ。さすがに気になるので耳鼻科に行ってみた。いろんな検査をしたあと、“軽い耳管狭窄症”と診断された。「詰まってるほうの耳の方が少し聴力が弱いけど気にするほどではない。耳鳴りはあまり気にしないのが一番。薬もご希望なら出すけど、そのまま様子をみててもいいよ。半年したらまた来てね、そのときの状況で考えましょう」と言われた。

 

薬は飲まなくていいなら飲みませんと断り、そのままほっといた。けどそのうち耳鳴り&耳のつまりだけでなく違う、困った症状がでてきた。たいしても悲しくないのに涙がでてくる。しかも電車に乗ってるときとかに突然。長い時間、息が苦しいと感じることも時々あった。あんまり苦しいときは紙袋あてて呼吸してみた。うわー、私このままじゃやばいんじゃないか?と思って、言いにくいけど思ってることや、体の症状のことを夫に話した。

私のストレスの原因はおそらく

  1. 義父母との完全同居
  2. 私の仕事が不安定なこと
  3. 夫が会社を辞めると言い出した

3.は仕方ないけど、2.と合わせると心配なんだ。保育園も退園になったら困る。そして1.はもう限界だと思う、と伝えた。このままの状態を続けて、もしも私が病気になっちゃったら、仕事よりも何よりも息子に影響がでてくるよなと夫は言った。金銭的に厳しくても環境を変えたいという意見に賛成してくれた。それで3年前、やっとの思いで引っ越した。でも耳鳴りは続いた。耳管狭窄症の症状は少しだけよくなった。聴力に異常がないので、まあ気にしないでと言われた。涙がでるのはなくなった。でも胸が苦しいのはときどきでた。

そのうち私の仕事が突然忙しくなった。仕事がないよりあった方がいいのだが、土日も仕事してる状態が2カ月くらい続いた。そしたら今度は耳鳴りだけじゃなく偏頭痛がひどくなった。その頃、30代でも脳梗塞で倒れた知人がいたので、念のため色々検査してもらった。脳ドッグは最低でも5万円くらいかかるけど、診察なら保険適用にもなるので1万ちょっとで検査ができた。結果は異常なし。これはどうやら肩こりじゃないかと、薬を処方していただき、さらにヨガと整骨院に通ったらだいぶ良くなった。仕事頼まれても、今はそんなに忙しくしちゃダメだと反省した。この頃息子0点とってきたし…。

 

そのうち夫が転職し、少しだけ収入が上がり帰宅も少しずつ早くなった。ようやっと!貯金ができそうな感じになってきた。古いPCも買い替えられた。それがちょうど1年〜半年くらい前の話。このブログ書き始めた頃かな…ようやく少し落ち着いてきたように思う。

 

それで、最近。耳鳴りのことをすっかり忘れてることに気がついた。いつから消えてたのかよく分からない。あんなにうるさかったのに。ヨガもさぼり気味なのに。肩も多分こってる。最期に意識したのは…半年前はまだ時々聞こえてたような気もする…でもはっきりそうとも言えない。秋頃は耳鳴りよりも歯の詰め物がキャラメル噛んでてとれちゃったことを覚えてる。

 

耳鳴りがなくなった本当の原因は分からない。

胸がキリキリすることが少なくなった時期と耳鳴りが出てこなくなった時期は重なるから、前述の1〜3のストレスがなくなったからだと思ってる。でも専門家でもなんでもないので断言はできない。

ただ一時期は一生のおつきあいを覚悟したので、耳鳴りのない生活が来たのは本当に嬉しい。もしかしたら再発するかもしれないけど、そのときはそのときで。