読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深く息を吐く

自省用

ガラの悪い中学に通ってた

私が小学生の頃は校内暴力がはやってた時代。金八先生で「くさったみかん」とかやってた頃。入学する予定の中学は窓ガラスが割れたり授業中にシンナーを吸った生徒がいたりで新聞に載った。事件があってからわざわざ遠い中学に進路を変えた子もいた。田舎だったので、その中学を避けたら徒歩1時間以上かかるところしか選択肢がなく、兄はすでに通学していたので私は予定通り入学した。

入学して思ったのは怖そうな先輩グループが実際にいること。下校時刻に校門のあたりにたむろして、目立つカバンや髪型の子はつかまって500円くらいカツアゲされていたという噂を聞いた。中間テスト中にバイクが校庭にブンブンと走り回ったり、授業中に先生とケンカ沙汰も目の前であった。土曜日の夜は暴走族が集結して走り回っていたようでうるさかった。

ほんとこんな感じの。

f:id:yamatonatu:20150302085731j:plain

しかし在学中は、学校に警察がきたり補導された子はいなかった。もしかしたらあったのかも知れないけど、おおやけにはなかった。

中2になって5〜6人くらい派手な子がいるクラスになった。正直ビクビクしていたけど、私は無難なグループに属していたので直接どうこうということはなかった。むしろ派手なだけで思ったより普通だ、とも思った。やっぱりこわいけど。

ある時期、その派手な子の中のひとりMがなぜか仲良くしてきた。なにかいざこざがあってグループの子から避けられてたようだ。なぜジミーな私に…? とは思ったが、帰宅部でヒマだったので放課後や休みの日にMと遊んだ。元々の友達とも一緒に。遊ぶといっても公園でブラブラしたり買い物にいく程度だ。もちろん昼間。

あるときにMが「きのう先輩にボコられちゃった」と制服の長いスカートを少しめくった。顔や腕はなんともないのに足が10ヶ所以上青なじみだらけになってた。「なんで??」と聞いてももともと不良とは縁のない私に話しても無駄という感じで「んーわかんない。生意気だってさ」と言ってスカートを戻した。Mは涼しい顔をしていたけど、ショックだった。あんな青なじみは見たことない。だからと言って何ができるわけでもなく誰にも言えずにいた。川崎の事件でこのことを思い出した。この時点で誰かに言うのはものすごく勇気がいる…。幸いMはそれ以上のことはなかったようだった。

その後しばらくしてMは元の友達と仲直りしたのか私とつるむのをやめた。そしてますます派手になった。仲よかったのは多分2ヶ月くらいか…? でもまあ卒業までそれほど変わったこともなく過ごした。Mは私立の高校に進学して卒業後一度だけ偶然会った。元気そうだった。

ガラが悪い中学だったけど、悪いと言われる子含めほとんどの生徒は普通に過ごしていた。居心地がよかった訳ではないけど、そんな中学でも普通に過ごしていた。事件になりそうな事柄の近くにいたのも確かだったけれど…。 なにか事件があるとその地域全体がいろいろと言われてしまう。相関関係はあるのかもしれないけど、その地域に住んでる人がみんな荒れてるわけじゃない。

 

結婚して今住んでいる地域の中学は、私の中学時代とは全く世界が違うように見える。夜出歩いてる子はあまり見ない。自分の中学と比べると、良い子ばかりいるように見える。中学受験率が高く、教育熱心な家庭が多い。そんな地域だけど、何年か前に中学生の自殺があった。原因はぼかされているけど、おそらくいじめじゃないかと噂される。マスコミが何日かうろうろしていた。こんな良い子ばかりにみえる地域なのに自殺に追い込まれるようなことがあるのか。そういえは数年前に高校生の傷害事件もあった。元々は進学校に通ってた生徒だった。それにも驚いた。

常にビクビクしている必要はないけど、どこだから大丈夫ってことはない。

10代に入ると微妙な年頃になるね、と夫に言うと、「俺たちが自分が親にされてイヤだと思ったことをしなければだいたい大丈夫だよ、オレも君も普通に過ごせてこれたでしょ」とのこと。

うーん、なんか答えになってるようななってないような。とりあえずまあ、そんくらいの気持ちでいるのがいいのか。

もし、いつもと違う様子があったら一番に気づきたいとは常々思う。しかし、今は毎日宿題やったのかー宿題ー!と言ってるレベルだ…。