読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深く息を吐く

自省用

最近は7時間寝ないと1日中眠い

最近寝不足だなと感じているところに、「ほけんだより」がきた。

テーマが「なぜ眠らなければいけないの?」ちょうどいいので忘備録として書く。

※もし同じ内容だったら同じ学校のPTAです。

なぜ眠らないといけないのか。

  1. 体と心の疲れをとる
  2. 病気にかかりにくくする(心の病気も入ってると思う。)
  3. 体を成長させる(小学生向けのお便りなのでこれは大事)
  4. 覚えたことを整理する(脳は眠ってる間に覚えたことを整理したり定着させたりしている)

ぐっすり眠るには

  1. 寝る前は強い光をさける(テレビなど)
  2. ぬるめのお風呂
  3. 寝る前は食べない(お酒はどうなんだろう…ダメでも飲むけど)
  4. 音楽を聴いたり読書をする

 

「なぜ眠らないといけないか」の4は面白い。夢は頭を整理するために見てるというのも何かで読んだ。モーニングページはこのおさらいをするようなものか。

「ぐっすり眠るには」の4つはよく言われてることだけど、実行するのは難しい。

 

最近は7時間くらい眠らないとその日一日中「なんか眠い…」。6時間では足りない。昼寝すればなんとかなるけど平日は難しい。20代のうちは3時間睡眠でも1〜2日はいけたけど、今は本当にだめだ…。思えば息子0歳のときは昼寝をしないと生きていけなかった。3歳くらいまでは夜泣きもしたけど、まだ今より体力あったからやってけたのかなと思う。

 

よく炎上記事を書かれているあるブログにも、最近「8時間以上眠る」記事があがっていました。リンクは貼りませんが「ちゃんと休息をとって健康を維持」「労働時間を減らしつつ、時給を高める」という部分には同意。私はフリーランスなので「時給単価をあげる」ことはシビアな問題。仕事には相手がいるので、自分の努力だけで労働時間を少なくすることは難しいけど、能率をあげることは可能。余計な会議や打ち合わせが減った分、社員の時より単価は上がったかもしれない。お金の計算が増えたのはつらいけど。

 

睡眠といえば、うちは夫と睡眠のタイミングが3〜4時間以上ずれている。夫は一応会社員だけど、ものすごく遅寝遅起き。私と子どもは登校時間にあわせて早寝早起き。休みの日の午前中に父子でキャッチボールなんで夢のまた夢です。

 ↑Mサイズでは高さが合わなかった。今度このサイズか、もっと小さいのにするかかどうしようか…。