読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深く息を吐く

自省用

ヨガと仏の教え

そんなに熱心ではないけど、5年くらいまえから個人のヨガ教室に行っている。

マッサージだと、1時間コースは最低5,000円は覚悟しないといけないけど、ここなら同じ値段で4回くらいできるから経済的、と思ってはじめた。 

ヨガはゆっくり体をほぐすから疲れない。自分のカラダと相談しながら動けるので必要以上に痛めない。体の縮んでるところを伸ばすと気もちよく、よく眠れる。疲れたときに、自分で自分のメンテナンスがある程度できる。

体へのメリットの他に、時々仏教の考え方に触れられることも良かった。例えば「なぜ人を殺してはいけないのか」というテーマについて。

殺してはいけない、というのは仏教の最初の戒めにあるようです。

どんな小さな生き物でも、大きな宇宙を作っている一部分であり、つながっている。例えばお父さんとお母さんのその両親、そのまた両親…の中の一人でも欠けるともう私は存在していない。誰もが関係性の中で生きている。誰か他の人を傷つけるということは、すなわち自分の一部分も傷つけるということ。

十善戒 - Wikipedia

 

体の中もそれと同じで、頭と足の先、お腹と手の指の先だって全部つながっているそうで、ある場所を刺激するとなぜか全然別の場所に効いてくる。

ヨガという言葉そのものが「つなぐ」「結ぶ」「調和する」という意味だそうだし。

 

感情をコントロールするのは難しい。ひどく怒ったり悲しんだりした時に、大人になってからの方が立ち直るのに時間がかかる。

そういうときにヨガに行くとスッキリして、その日はゆっくりお風呂に入りたくなり、ゆっくり眠れる。それだけでもヨガに出会えて良かった、と思う。